研究チームの一員のところに、

昨晩1通のメールが届いた。

差出人は東大教授だ。


「ノーベル賞どころの騒ぎじゃないかもしれん。

例の薬にはさらにその先があった。

詳しいデータはパソコンに残しておく。」


そう言い残して教授は謎の失踪を遂げる、、、


託されたメッセージによると、

手掛かりはどうやら教授のパソコンの中にあるらしい。

さらなる手掛かりを求めるため、

研究チームは教授の館へ向かう。


館に到着した研究チームは、

恐る恐るパソコンを立ち上げた。

そこには今は亡き教授の映像が残されていた。


「わしはとんでもない薬を開発してしまった...。

このままでは人類が滅んでしまう...

暗号の指示通り薬を作ってくれ...。」


その瞬間、途切れる映像。

動き始める椅子。


館を進むとそこに姿を表したのは、

凶悪化した実験ネズミたちだった。